見かけたら注意したい

夫婦

日本は超高齢化社会と言われる状況になってきています。高齢者の数が増えると、加齢により体の機能が衰えてしまい、移動がスムーズにできないという方も多くなってきます。車いすを使ったり、寝たままの形で移動をせざるを得ないという事も多くなるでしょう。高齢だからと言って人としての活動をしないわけではありませんから、場所を移動する必要が出てくることはあります。病院へ通うという事は命にかかわることですし、買い物や趣味の外出など暮らしの質を高めるための外出なども人として生きていくうえでは必要となってきます。歩かずに移動するために役立ってくれるのが車ですが、車いすなどを利用している方にとっては通常の乗用車などでは利用しづらいということがあります。そこで役立つのが福祉車両です。様々な工夫がなされていて、乗り降りしやすくなっています。乗り降りにはある程度のスペースが必要になることがあるので、障害者用駐車スペースは空けておくなど周囲の方のマナーも重要です。

移動を楽にしてくれる

体温計

福祉車両が人気となっているのが、増えている高齢者などの体が不自由な方の移動が楽になるという事です。本人はもちろんですが、介助をする人の負担も大きく減らしてくれるということがポイントとなります。一般の車にも乗ることは可能ですが、車いすから降りて、車に乗る所を補助する必要が出てくることがあります。場合によっては体が動かないために、介助者が持ち上げて載せるといったことが必要になることもあるのです。そうなると介助者の体に大きな負担がかかることがあります。福祉車両の場合、車いすのまま乗ることが出来るタイプのものもあり、本人も介助者も負担が少なくスムーズに移動することが可能になることがあります。また、少し移動が出来る方であれば体が不自由であっても乗り降りしやすいように段差が少なくなっているものなどでも大いに負担軽減につながります。移動がしやすくなることで、生活の質も大いに高まっていくということが期待できます。福祉施設や福祉タクシーなどで、こうした福祉車両は取り入れられ始めています。今後ますます開発が進み、コストが下がれば一般家庭でもどんどん取り入れられていくことになるでしょう。高齢の方だけではなく、若くても障害のある方なども利用が進んでいけば、生きていくための道具として大いに役立っていきます。今後の開発に大きな期待が寄せられているといえるでしょう。

卵子

広告募集中