HOME>オススメ情報>福祉をサポートできるように改良された自動車
医者と夫婦

高齢者のためにある様々な自動車

高齢化に伴って身体的に不自由な高齢者も増えている中、ニーズが高まっているのが福祉車両です。身体に障害のある人が乗り降りしやすくしたり、障害者自身でも安全に運転できるように改良された自動車のことを指しますが、一言で福祉車両といってもいろんなタイプがあります。近年、高齢者によるブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故が多発していることで、それを防止するシステムも開発されています。これも、障害者が運転しやすく改良されたと考えれば、広い意味での福祉車両と呼べるかもしれません。一方、高齢者が増えたことでそのニーズも多様化しており、改良する範囲が増えています。自宅療養している人のなかには浴室が入浴に適してないケースもあり、介護事業所には自動車のなかで快適に入浴できるように改良されたものも登場しています。

乗り降りしやすい自動車

福祉車両で一番多いのが高齢者・障害者が助手席や後部座席などに簡単に乗り降りできるように改良されたものです。主にデイサービスなどを提供する介護事業所の送迎車などに使われることが多いですが、高齢者がいる家庭でも所有していることが増えています。その乗り降りしやすい福祉車両には大きく2つのタイプがあり、それぞれ長所と短所があります。1つは、車椅子ごと搭乗できるタイプで、高齢者を車椅子から降ろす必要がなくなるため介護者の負担がかからない一方で、車椅子ごと載せるため車内で大部分を占領してしまうデメリットがあるのです。もう1つは、車椅子から降ろして乗せる、もしくは、足腰の不自由な人が乗りやすく改良したタイプです。車椅子から降ろす負担はあるものの、車内のスペースを取らないメリットがあります。

広告募集中